FC2ブログ

一本橋

安全運転大会を卒業してから
以前から通っていたバイクのスクール(CRS)は、
練習ではなくお手伝いで行くようになり
私の低速力(?)も、ちかごろは、無くなる一方でした(かなしぃ~)。
会場のパイロンなどを設営後は、
参加者さんが来られるまでに、少し練習できます。

そこで一本橋も2・3回はチャレンジ。
このところは20秒でもふらふらだったのが、
「あら?近頃になく安定する!?・・・みたい?」
少し長めに一本橋に乗れて、いつもより体の中に力が入った。

これはやはり・・!
最近、体幹を鍛えるように意識して運動しているのです。
やっぱこれだな・・(ほくそ笑む)
まだやれるかも? 続けよう! 鍛えるぞ!きっと・・・・!?
スポンサーサイト



足をついてしまうターン

意図的な足つきターン(これは”超”苦手です)ではなく
小旋回(フルロックフルバンク)でコケそうになって足をつく時、
近頃危なくなってきました。


足をつく位置が後ろぎみになったのか?
足をひっこめる動作が遅くなったのか?
巻き込まれそうな気配で足が引っ張られていくのを感じた瞬間に、
とりあえず足をよけれたので無事でしたが
Rタイヤが足にのってくる感触は、いやぁなものです

今までは無かったのに、何度かタイヤがブーツにあたりだすと、恐怖感は大きくなります。
反射的に安全な方向に体が対処していただろうことが
年齢が上がる事で、できなくなっているのか?


これまで、バイクの練習中に最も避けたい事は
頭から飛んでいく転倒 でしたが
Rタイヤに足をひかれるという恐怖 があらたに加わってしまいました。
なんとかケガせずに、あと少し成長したいなぁ

だんだんと想像通りに体が動いてこなくなるので
バイクに限らず、すべての動作を意識して動かなければ駄目だなぁ
と思う今日この頃・・・

二輪車安全運転全国大会 復活

第50回で終幕となった二輪車安全運転全国大会でしたが
別の形で、今年は復活。
明日、8月3日・4日に鈴鹿で開催されます。


競技内容は変更され
不参加の都道府県も多数でたようです。
クラス別・一発勝負の形態は同じ。

”自分を奮い立たせてスタートラインに立つ!”
”ミスしたとしても投げずに真剣に競技する!”
その勇気が称賛されるべき競技だと思います。

どんな結果だろうと、真剣に課題に対する姿は、心ある人には伝わります。

お互い、顔も名前もはっきり知らないような遠い地域の方と、
そんな時間を共有するのは楽しい経験です。
ライバルというより、優勝したい!!成功したい!!という同じ目標を持つ仲間。
あの方々と、もう会える事もないかもしれないのが残念だなぁ。

散々な結果だった一度目の大会の時
最後の課題まで応援してくださった見ず知らずの東北の指導員の方。
私の(5回目)最後の大会に、
同じ立ち方で、私の課題を見ている姿があとで頂いた写真に映り込んでいて
とても嬉しかった。あぁ見てもらえたんだ。良かった、と。

あぁ、右手が不自由

もうすぐアラフォーを卒業してしまう私。
ライディングスクールのお手伝い。
使用するパイロンには、動かないように重しつき
これが重量を増大します。準備と後片付けは重労働。
疲労回復しないお年頃にはコタエマス。

右手が不自由なままこれらを移動させていると
手が妙な動きになり
重ねたパイロンの山の先端に、つき指したり、手の甲をつきさしたり。
手の方が負けます(T_T)

ケガがケガを呼ぶ。悪循環だなぁ
自分が練習する分には、”極力”負荷をかけないようにもできますが・・。

講習中にバイクで走行すると
指が曲がらなくなってくるのがわかる。
帰り道の高速はフロントブレーキはほぼ握れていなかった。

今朝は右手の人差し指と中指は甲まで少し腫れて、アンパンマーン。(^▽^;)○ 
トラックのハンドルも回しづらいがその”手動窓”を回すのが一苦労
半回転ずつ、えいしょ、こらしょ。 駐車券は大変だ。
ボールペンには力が入いらないが
書き続けると、だんだん麻痺して力が入れられるようになるのが不思議。

手を使わなければ大した痛みは、でない。
これが本当に厄介だ。


アクセル操作で腕の筋肉を捻挫?

若干右ひじを痛めていたが、バイクのスクールに行きました。
細かい小旋回の連続。
ハンドルフルロックで、微妙なアクセル開け閉め&ブレーキングを連続で続ける。
肘の痛みが強くなったので
アクセルを無理な姿勢で開けないように
上体が右の進行方向にもっと向くように意識する。

さて、一晩寝て起きたら
右ひじと指がパーンと腫れた感覚がして、ほぼ曲がらない。
肘から先をねじる動作も痛い。
これは、捻挫状態?

なんとか机と左手で支えながら右手を使う。
歯ブラシも左手、右の耳かきはできない、お箸も手首を曲げて遠くから先っぼを口に押し込むだけ
書類を渡す手は、まるで百人一首で勝負しているような動きになり、横柄に見える。
お茶椀を洗う、くねくねした動きはつらい。

暫くは肘を曲げないように安静にしよう・・・
動かさないのが正解のようで
4・5日ほどで、90度までは痛みがなく曲がるようになりました。
ねじるのは痛いけど(ー_ー;)

やはり”右旋回の体の向きとタイミング”の修正が必要だ。
早く治らないかなぁ。
プロフィール

ねぇちゃん?

Author:ねぇちゃん?
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR